読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦の間では「いわなくてもわかって。

夫婦の間では「いわなくてもわかって。」「見ていれば気づいて。」と考えて、つい言葉で伝えることを怠ってしまうことがあります。しかし、妊娠中の女性は、精神的に不安定になっている場合も多いため、小さなすれ違いが原因で、不安になったりイライラしたりしてしまいます。このような、すれ違いをなくすために、思っていることをしっかりと言葉にして相手に伝えるように心がけてください。

「今日はつらそうだね、大丈夫?」の一言をかけるだけで、奥さんを気遣っていることが伝わり、安心させることができます。また、自分の思っていることを伝えるとともに、シアリス 通販奥さんにも、素直な気持ちを言葉にするように伝えて、今の精神状態や、体調を理解してあげられるように心がけてください。夫婦仲を良くするためには、お互いの気持ちを伝えあうコミュニケーションが大切です。

合わせて読みたい

【調査】妊娠中の夫婦間のトラブルとは?奥さんの本音を調査!
 
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、妊娠・出産経験をした女性100人に、妊娠中の旦那さんとのトラブルについて聞いてみました。全く喧嘩をしない夫婦の方が少ないとは思いますが、妊娠中となると、やはり奥さんとしては気遣ってほしいと願うものですよね。そのことから、トラブル...

2. 奥さんの精神的なケアを心がける

妻を慰める夫

妊娠中の女性は、ホルモンバランスの変化から、些細な事でもイライラしてしまうことがあります。このようなときは、普段では気にならない夫の行動が、不愉快に感じてしまい、つい当たってしまいます。奥さんがイライラして当たってきたときには、グッとこらえて、不満を受け止めてあげるようにしてください。

売り言葉に買い言葉は禁物です、威哥王奥さんのイライラや不安を解消してあげられるように、相手の言葉にしっかりと耳を傾けて、イライラや不安の原因を取り除いてあげられるようケアしてください。奥さんが話すことを、ただ「うん、うん」とうなずいて聞いてあげるだけでも、気持ちが楽になりなります。また、ときにはそっと、一人にしておいてあげることで、落ち着く場合もあります。奥さんの感情に寄り添って、共感してあげることが大切です。

3. おなかの赤ちゃんに話しかける

おなかの赤ちゃんに話しかける夫

 

妊娠中の奥さんは、日々おなかの赤ちゃんの成長を実感しながら過ごしています。男性は奥さんが妊娠しても、自分自身には何の変化もないため、おなかの赤ちゃんの変化にはなかなか実感がわかないものです。しかし、赤ちゃんの成長に無関心では、奥さんとの良い関係を気づくことはできません。

奥さんと一緒に、おなかの赤ちゃんとかかわる時間をできるだけ多く作り、おなかの赤ちゃんに話しかけたり、おなかをさわって、赤ちゃんの動きを感じたり、奥さんと一緒におなかの赤ちゃんの成長を、実感していくように心がけてください。また、ベビー用品を、奥さんと一緒に買いに行くことも、赤ちゃんの生まれてくる姿をイメージできる良い方法です。おなかの赤ちゃんの成長を、二人で実感し、見守っていくことが、良い夫婦関係を築くことに役立ちます。