読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晩婚化」や「晩産化」の傾向が著しい日本では

晩婚化」や「晩産化」の傾向が著しい日本では、不妊症に悩む夫婦が、世界の国々に比べ5パーセントから10パーセントほども多く、最近では5組に1組が、不妊症に関して、何かしらの問題を抱えているといわれています。不妊症の原因は、女性だけに問題があるわけではありません。近年では、男性にも不妊症の原因がある場合が、半数ほどあることがわかっており、男性不妊症として、男性専門の不妊治療も行われるようになってきました。

世界保健機構(WHO)の調査では、不妊に悩むカップル100組のうち、男性が不妊の原因となっているカップルが24組、男性と女性、両方が不妊の原因となっているカップルが24組となり、シアリス 通販半数近くは男性不妊症が原因であるとの結果が得られました。今回は、自然妊娠の可能性をあげるための、男性不妊の治療内容と費用について、ご紹介いたします。

合わせて読みたい
知らないと危険?男性不妊の4つの原因と改善すべき6つの生活習慣
知らないと危険?男性不妊の4つの原因と改善すべき6つの生活習慣
「手は尽くしているが、思うように妊娠しない…」とお困りではないですか?妊娠をしない原因というのは、何も女性だけにあるわけではありません。男性が原因での不妊は何と48%もの割合であると言われていて、その割合も年々増加傾向にあります。旦那さんにもしっかりと妊活に協力してもらい、お互いに理解を深めた上...

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

    男性不妊症の症状
        性機能障害
        精液性状低下
        無精子症

男性不妊症の症状

ストレスを抱える男性

男性不妊は先天性と後天性とに分かれており、先天性にあたるものは主に遺伝からくるものや、発育の途中で受けた影響によって性機能不全になるというもので、後天性にあたるものは主に、ストレスをはじめ飲酒、喫煙などの生活習慣からくるもの、精巣の損傷やトラブルなどの原因から起こる精液性状低下とされています。そのなかでも、90%の方が造精機能障害とされており、その中の1つである無精子症は、最も重い症状とされています。
性機能障害

有効な勃起が起こらず、性行為がうまくいかない状態の勃起障害(ED)や、性行為はできても、膣内射精が困難な膣内射精障害などを指します。日本では、約1,130万人が、満足いく勃起ができていないといわれていて、「男性不妊症」の大きな原因となっています。
精液性状低下

精巣でつくられる精子の、威哥王精子の形成過程や運動能力の過程で異常があり、精子の数が通常より少なくなったり、精子の動き(精子運動率)が低かったり、奇形が多くなるなど、受精率が低下する症状を指します。1回の射精で放出される精子の数は、約1億から4億個です。健康な状態でも、射精された精子は、子宮にたどり着くまでに99パーセントが死滅し、子宮内でさらに減少し、卵子の近くまでたどり着くことができる精子は、数百個以下まで減ってしまいます。そのため、元気な精子が少ないと、卵子までたどり着くことが、できなくなってしまいます。
無精子症

精液中に精子がいない状態のことで、深刻な問題となります。精管の障害が原因で、精巣から精子が送られない場合や、精液が膀胱に逆流している場合、そして、先天的に精子がない場合などがあります。「無精子症」と診断されても、治療をすることにより、自然妊娠に至るケースもあるため、まずは、治療に取り組むことが大切です。

男性の不妊症の背景としては、先天的な原因がある場合もありますが、仕事での精神的、肉体的な疲労や、人間関係や家庭でのストレス、食生活の乱れや不規則な生活など、さまざまな要因が考えられます。

合わせて読みたい